初めてのせフレ募集

ようやく希望が叶ってせフレをゲットできたとしても、最初そのパートナーとエッチする際には少々ドキドキしますよね。

せフレを希望するくらいなので、どちらも経験がないということはないでしょうが。

とりわけ男性は女性を満たしてあげられなくては、次回のエッチにつながらないという緊張があります。

せフレというには、しばらく交際して何回もエッチするつもりの交際なので、1回だけでは困りますよね。

1回だけのエッチであれば、ゆきずりのエッチになってしまいます。

せフレをゲットするやり方を考えてみましょう。

そうはいってもさほど困難ではありません。

せフレはゲットするまでが最も難しいといえます。

一人せフレをゲットできれば、案外それ以降何人もという場合も多数あります。

一番良く無いのが対面した際に、この相手とはエッチできないと感じられてしまう事です。

せフレゲット以前の問題ですが、見た目が生理的に好まれないと思われてはいけません。

前もって写メールをやりとりしたり、リアルタイムのチャットで表情を確認し合うなどの工程は踏んだ方が賢明です。

そうすれば、双方が嫌な気分になることも少ないでしょう。

あとは清潔さがあれば問題ありません。

せフレをゲットするコツは、最初その女の子と対面するまでに、どれくらい女の子の性的な好みを理解しているかにかかっているとも言えます。

女の子はこれまでのエッチに満足していないからせフレを希望しているケースが大半です。

男性が女の子を満たしてあげられるエッチをすれば、女の子はまたエッチしたいと思ってくれます。

せフレになりがちな女性の特徴

中々本命の彼女になる事ができない、結果的にせフレに落ち着いてしまう女性には共通点があります。

それは、自分がせフレでも構わないと心のどこかで思っているという事です。一夜限りの関係を避けて、せフレは駄目と自分の中で強く決める事によってはじめて、自分を本命の彼女として大切にしてくれる男性と巡り会う事ができるとも言えます。

せフレという都合の良い女になってしまう女性は、相手の事を優先しすぎてしまう癖があるのではないでしょうか?

相手が嫌な思いをするのを避けたいという気持ちが強く、結果的に相手にとって都合の良い女へとなってしまうのです。それが悪い方向へと働き、結果的には自分勝手な男性へと姿を変えていく事になるのです。

その結末がせフレ、あるいは一夜限りの女という形になってきます。

よほど強引な男性でもない限り、女性の方がせフレなんて無理だからと言えば、男性は無理強いしないものですしかし、そこで相手を気にして「拒否したら嫌な気持ちにさせるかな?一夜だけ関係を持った方が相手も傷つかなくていいんじゃないかな?」と考えてしまえば、結果的にはその相手をはっきりとしない関係へと導いてしまう事になるのです。

何よりも、まずは自分の意思は自分で決めましょう。ちゃんと自分の気持ちを持った女性に男性は惹かれるものです。

相手を包む包容力は女性ならではの大きな魅力ではありますが、基本的には自分の意思をしっかりと持った女性に男性は魅力を感じ心をよせるのではないでしょうか?

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ